玄関に洗面台を置いたほうが良い人・必要ない人

新型コロナウィルスの影響もあって、玄関に洗面台を設置する人が増えていますね。我が家も作るかどうか検討したのですが、最終的には置かないという判断をしました。

玄関に洗面所が必要なのはどんな人?置かない場合はどういう動線にしたら良い?ということについて紹介します。

玄関に洗面台を置くメリット・デメリット

まずは洗面台が必要かどうかを判断するために、玄関に洗面台を置くメリットデメリットを考えていきましょう。

メリット
  • 帰宅後すぐに手を洗える
  • 子供の手洗いうがいの習慣化
  • 来客に洗面・脱衣所を見られずに済む
  • 玄関周りの掃除に使える
デメリット
  • 場所をとる
  • 設置費・メンテ費がかかる
  • 掃除する場所が増える

帰宅後、部屋のドアなどを触ることなく手を洗えるのは嬉しいですね。

コロナ禍の今はお客さんにもまずは手を洗ってもらうと思いますが、お風呂に併設の洗面所に通すのは嫌だという人も多いでしょう。洗濯物が干してあったりと、生活感が出やすい場所ですからね。

デメリットとしてはやはりコストや設置場所、掃除の手間が挙げられます。

玄関に洗面所が必要な人

玄関に洗面所を置くメリット・デメリットを考えた上で、洗面所が必要なのは次のような人かなと思います。

玄関に洗面所を置いたほうがいい人
  • 子供がいる
  • 来客が多い
  • 掃除は苦じゃない
  • 玄関周りのスペースに余裕がある
  • 予算に余裕がある

大人だけであれば、玄関に洗面所が無いからといって手を洗わないということは無いでしょう。ですがお子様がいらっしゃると難しい場合もありますよね。手を洗う前にどうしてもあちこち触ってしまうと思います。

さらに来客が多いのであれば、コストやスペースを割いてでも洗面台を設置するメリットは大きいと思います。

玄関におすすめの洗面台

玄関の洗面台は来客から見える場所にあるので、可愛いものを置きたいですよね。

おすすめはウッドワンの洗面台です。

画像引用:ウッドワン公式サイト

無垢材の可愛い洗面台で、玄関の良いアクセントになります。

扉の色や水栓の種類、タイルの色など色々と組み合わせて自分好みにカスタマイズできます。カントリー系だけでなく、かっこいい系やフレンチテイストにもできます。洗面台本体と鏡が繋がっていないので、お好きな鏡を合わせることも可能です。

ただし価格は可愛くないです。カタログ価格で20~40万円くらいです。本体代に加えて取付費や給排水工事費などが別途5万円くらいは必要になります。

トイレやお風呂が固まっていて、玄関から遠い場合は給排水工事費はもっと高くなるかもしれません。

我が家は不要と判断!その理由は?

我が家は当初は玄関に洗面台を付ける予定でした。契約時の見積もりにも入れてもらっていて、見積もり価格は工事費込みで22万円程度でした。ちなみにリクシルのエスタという商品です。

かなり悩んだのですが、我が家の場合は洗面台を付けるメリットよりもデメリットの方が大きいかなと判断しました。

来客に手を洗ってもらう習慣はいつまで続くのか

今はコロナの影響で、来客にも手を洗ってもらうことが当たりまえですが、この習慣っていつまで続くんでしょうね。

コロナ禍前までは、人の家に行ってまず手を洗うってあまりなかったですよね。食事する前に手を洗うくらいで。

加えて我が家はそこまで来客頻度が多くないので、手を洗ってもらうならキッチンを使ってもらえば良いかなと思います。オープンキッチンなのでキレイに保っておくと思いますし、来客がキッチンに立ち入るのは全然気にならないので。

洗面所に付ける洗面台はTOTOのドレーナというオシャレなやつにしたので、ここに案内してもいいかなと思ってます。

出かける前に室内ドアを開放しておけば良い

帰宅してから手を洗う前にドアを触ってしまうのが嫌なのであれば、お出かけ前にドアを開けっぱなしにしておけば良いです。

我が家は玄関からすぐにLDK、その奥に洗面所という間取りです。両方とも引き戸にしたので、開けっ放しの状態でも通行の邪魔になりません。

玄関にコートやカバンを置く場所を作ったので、それらに付いている菌は持ち込まずに済みます。

洗面台を置かずに収納を増やしたかった

玄関に扉付きの収納をどうしても付けたかったんです。資源ゴミなどの保管場所にしたかったので。

そうなると洗面台を置くスペースが取れず……使用頻度の低い洗面台よりは収納の方が大事かなと判断しました。

タイトルとURLをコピーしました