自動泡ハンドソープディスペンサーはどう選ぶ?充電式か乾電池式か

オート泡ハンドソープディスペンサーは、直接触れることがないので衛生的です。手押しのポンプだと水垢やピンクヌメリができてしまうこともありますが、自動なら軽く拭くだけのお手入れでキレイを保てます。

自動泡ハンドソープディスペンサーの種類はたくさんあるので迷ってしまいますが、使いやすさや詰め替えの補充のしやすさなどのポイントからおすすめの商品の特徴を紹介します。

充電式と乾電池式はどちらが便利?

自動泡ハンドソープディスペンサーの電源は充電式のバッテリーか、乾電池式の2種類があります。

充電式のメリット

充電式だと乾電池を買い置きする必要がなくてお財布にも優しいです。充電の仕方も簡単になっているものが多く、乾電池式のようにボトルを分解して交換する必要がありません。

充電式のデメリット

充電式のハンドソープディスペンサーだと充電中は使用できないものが多く、充電完了まで数時間かかるので、そのやりくりが面倒な人には電池式が向いていると思います。

乾電池式のメリット

電池持ちに関しては充電式よりも乾電池式の方が上です。充電式のものは数週間~3ヶ月程度の機種が多いですが、乾電池は半年~1年近く持つものもあります。充電バッテリーはだんだんと劣化していきますので、最初は3ヶ月持っていてもそのうち1ヶ月も持たなくなってしまうかもしれません。

乾電池式のデメリット

充電式では電池残量がランプで表示される商品もありますが、乾電池式ではそのようなモデルは見つかりませんでした。使おうと思ったら電池が切れていたとなると、ちょっとイライラしちゃうかもしれないですね。充電式だと使い切る前に充電しても大丈夫なので、そのようなトラブルは無さそうです。

液体残量の見やすさ

ハンドソープの液を入れるボトルがむき出しになっているデザインの方が、液体の残量が一目でわかるので使いやすいです。背面に窓が付いているタイプだとひっくり返して確認しなければならないので不便ですが、デザイン性は高いです。

補充のしやすさ

ハンドソープの補充が一番簡単なのは、ミューズのノータッチだと思います。

専用の詰め替えボトルを付け替えるだけ。蓋を外したりする工程が無いので楽ちんですし、ハンドソープが周りに垂れて汚れてしまうというようなことがありません。ただしミューズのノータッチにもデメリットが。本体は比較的お求めやすい価格なのですが、詰め替えボトルはやや高め。1個(250ml)5~600円程度します。しかもコロナ禍でのハンドソープ品薄騒動のときにはかなり値上がりしていたそうです。専用アイテムしか使えないというのは不安要素ですね。

サラヤのエレフォームポットは本体上部にある注ぎ口から専用ろうとを使って補充する形になっています。この形式も本体を持ち上げたりしなくて良いので手軽ですね。

デザイン性

洗面台に置くものだから、やっぱりおしゃれなハンドソープディスペンサーを使いたいですよね。

カラーラインナップが豊富で流行りのくすみカラーのディスペンサーも出ていますし、一部が木目デザインになっているものもナチュラルな洗面台に合って素敵です。

タイトルとURLをコピーしました