リングフィット・フィットボクシング・ZUMBAを比較!痩せるのはどれ?

美容と健康

NintendoSwichでは続々とフィットネスゲームが発売されていますが、どれをやったらいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

私はリングフィットアドベンチャーとフィットボクシングとZUMBAを日によって併用しています。それぞれのメリットや、目的別のおすすめソフトを紹介していきます。

リングフィットアドベンチャー

一時期は売り切れが続出していましたが、最近は緩和されてきたみたいです。

リングフィットアドベンチャーの特徴

3つのソフトの中では筋トレ寄りの内容になっています。スクワットやプランク、ロシアンツイストなどの有名な筋トレや、リングを押し引きして腕や内ももを鍛えるメニューもあります。

リズムに乗って有酸素運動をしたり、その場足踏みでジョギングをしたりすることも。ヨガもあります。

リングフィットアドベンチャーのメリット

トレーニングをしながら敵を倒してアドベンチャーを進めていく仕様なので、飽きにくいです。

リングを押し引きする強さを設定できたり、動作をキープする長さや回数を設定できたりと、普段運動をしない方から幅広い方に対応しています。

フレンドランキングや、世界の同年齢の人たちとのランキングが参照できるので、モチベーションアップになります。(世界ランキングを見るにはオンラインに加入する必要があります。)

リングフィットアドベンチャーのデメリット

リングフィットアドベンチャーは筋トレがメインになるので、消費カロリーは少なめです。体重や脂肪を減らすことが目的の場合は別途有酸素運動や食事管理をしていく必要があります。

フィットボクシング

フィットボクシングはリングフィットアドベンチャーと併用している方が多いです。

フィットボクシングの特徴

ボクササイズで有酸素運動ができるので、体重や体脂肪を減らしたい方に向いています。ウエストもかなり絞られました。

フィットボクシングのメリット

有酸素運動系のSwitchゲームの中では初見殺しがないので、ストレスが少ないと思います。

フィットボクシング2では特定アクションの除外機能が付いたので、設定次第ではマンションでも階下に響きにくくすることができます。

フィットボクシングのデメリット

フィットボクシングのデメリットは飽きやすいことだと思います。私は前作では数日やっては数週間放置、というのを繰り返していました。本当に痩せてやるぞ!という気合がないと続かないと思います。

フィットボクシング2ではアチーブメント機能の追加やインストラクターとの親密度など、多少飽きにくい工夫がされています。

ZUMBA

リングフィットアドベンチャーやフィットボクシングに比べたらマイナーですが、セール中に始めた方も多いのではないでしょうか。

ZUMBAの特徴

ZUMBAはコロンビアのダンサー兼振付師さんが創設したフィットネスプログラムです。ラテン音楽が中心になります。

ダンスの振り付けの正確性は気にせず、インストラクターを見よう見まねでとにかく踊ってみよう!というコンセプトになっています。

ZUMBAのメリット

fitbitで計測すると、フィットボクシングよりも少しだけ消費カロリーが多いです。

フィットボクシングは曲とコンビネーションがマッチしていませんが、ZUMBAは曲ごとに振り付けがあるので楽しいです。フィットボクシングよりも飽きにくいと感じます。

ZUMBAのデメリット

曲によっては振り付けがとても難しくて、何度も練習する必要があります。動きも激しいので、マンションでは階下への騒音が気になると思います。

判定の基準がよくわからないところがあります。インストラクターと違う動きをしても高得点が付く箇所もあれば、同じ動きをしているのにMiss判定になったりします。Missになると効果音が鳴るのですが、それが結構やる気を失う音になっています。気になるなら設定から効果音の音量を0にできます。

曲の難易度や、Missにならないための動きについては、Yuki MakinoさんのNoteに掲載されているのが分かりやすくて良いと思います。

リングフィットアドベンチャー・フィットボクシング・ZUMBAの使い分け

各ソフトの使い分けは、目的が筋肉増加なのか体重減少なのかによって変わります。

筋肉増加が目的の方

筋肉増加が目的の方はリングフィットのみやりつつ、PFCバランスが適正になるような食事を心がけます。

体重減少が目的の方

体重減少が目的の方はリングフィットアドベンチャーをプレイした後、フィットボクシングかZUMBAもしくは両方をやるのが効率が良いです。筋トレ⇒有酸素運動の順でやったほうが脂肪燃焼効率が上がるそうです。ほどよく筋トレをしておくことで、筋肉が減ってしまうことも防げるそうです。

あすけんなどの食事管理アプリを入れてみて、消費カロリーが摂取カロリーを上回るように食事制限もしていきます。

タイトルとURLをコピーしました