初めてのスマートウォッチに!FitBit charge4レビュー

美容と健康

ダイエットのお供にスマートウォッチが欲しいけど、どれを選んだら良いかわからないという方へ、私が今使っているFitBit Charge4を紹介します。

Apple Watchなどと比べるとお値段がお手頃ですが、たくさんの機能が備わっています。

サイズ感がちょうどいい

FitBit Charge4のケースサイズは35×20mmです。横幅がApple Watchよりも1cm以上小さいんですね。

普段腕時計を付け慣れていない人だと、横幅の大きな時計は違和感があると思います。FitBitは邪魔にならないサイズ感ながら、情報を表示するには問題ないくらいの大きさがあるので、ちょうどいい感じです。

防水

FitBit Charge4は水深50m耐水になっています。プールでのカロリー計測をしたい人でも問題なく使えますね。

防水機能がついていると、洗う時にも便利です。お風呂以外でずっとつけてるので、水洗いできるのはうれしいです。

付け替えベルトが豊富

FitBitは純正ベルトだけでなく他社製のベルトが豊富にあります。価格も手ごろで選択肢が広いので、気分に合わせてベルトの付け替えが楽しめます。私はamazonで白色と紺色のベルトを購入しました。

デザイン的にはAppleWatchのパクリ感が否めませんが、とても使いやすいです。ベルトの端を中に入れ込む形状なので邪魔になりません。

付属のベルトはごつくて使いづらいですが、これだと着けたまま寝ても問題ありませんでした。

睡眠記録・スマートアラーム

FitBitを付けて眠ると睡眠のレベルをグラフで表してくれて、自分の睡眠の質を知ることができます。

睡眠が浅い時にバイブレーションで起こしてくれるスマートアラーム機能もあります。目覚まし時計みたいにうるさくないので気に入っています。

運動を自動認識

FitBitには運動を自動認識する機能があるので、運動前に操作しなくても勝手に記録を取ってくれます。どのくらいの運動でどのくらいカロリーを消費できるかが把握できるので、ダイエットの効率が上がります。

体重グラフが親切

FitBitアプリに体重を入力すると、グラフが作成されます。

体重の変化って、どうしても昨日今日の差を気にしてしまいがちなんですが、それはダイエットの敵です。1kg程度の変化ってちょっとしたことでできてしまうし、体重を計る時間によってもまちまちです。FitBitのグラフは体重推移の線もあるので、そういうちょっとした増減を気にしないで済みます。上の画像の青い線を見てると、順調に減ってるなって思いますよね。

iPhoneでもAndroidでも使える

FitBitはAndroidでもiPhoneでも使用できます。私は以前Androidを使っていて今はiPhoneを使っていますが、どちらでも問題なく連携できています。

着信の通知もきちんとFitBitに届くので、スマホが鞄に入っていても電話に気づかないということがなくなりました。

GPS機能付き

FitBit自体にGPS機能が付いているので、スマホを持ち歩かなくてもジョギングなどのルート記録ができます。地図上のどの地点でカロリー消費が大きかったかなどを見ることができて結構面白いです。

GPSを使うと電池消費が大きくなってしまうので、私はFitBit側ではなくスマホ側のGPSを使うようにしています。

タイトルとURLをコピーしました