市販のお惣菜をカサ増しアレンジして節約&手抜き感を軽減

家事

お店で買ったお惣菜をそのまま出すのは後ろめたい。自炊するよりも高くつくし、味も濃いものが多い。そんな悩みを解決する技が、材料をプラスしてカサ増しアレンジする方法です。この記事ではおすすめのプラスワン食材を紹介します。

糸こんにゃく

ひじきの煮物などのカサ増しにおすすめなのが糸こんにゃく。フライパンにお惣菜と糸こんにゃくを入れ、少し炒めて馴染ませます。板こんにゃくよりも下ごしらえが楽なので、糸こんにゃくの方がおすすめ!

糸こんにゃくを3分の1~半分くらいに切ってから入れると、食べやすくなります。もともと板こんにゃくが入っている場合も、気にせず入れちゃいます。

低カロリーなのにお腹が膨らむし、食物繊維もたっぷり入ってるのでダイエット中にぴったり。肌の保湿に優れたセラミドも入ってるので、美容にも効果あり!

枝豆

たんぱく質、食物繊維、ビタミン類、カルシウム、鉄分、βカロテンを豊富に含む枝豆。塩分の排出を助け、高血圧やむくみを予防してくれます。

枝豆は煮物系やきんぴらなどの炒め物など、割となんにでも合います。色どりも良くなるのが嬉しいポイント。

皮を剥くのがめんどくさいという方のために、冷凍の剥き枝豆という商品が置いてあるスーパーもあるのでチェックしてみてください。私はコープデリで買っています。

公式不在時も玄関先までお届け! 生協の宅配サービスお申し込み

豆腐

豆腐も低カロリーで高たんぱくの嬉しい食材。

水切りせずに入れて水を飛ばせば大丈夫かと思ったのですが、ぜんぜん蒸発してくれませんでした。ちゃんと水切りしてから入れるのをおすすめします。キッチンペーパーで包んでレンジでチンすれば短時間で水切りできます。

豆腐の代わりに厚揚げにすれば、カロリーは増えるけど旨味はアップ!

もやし

安くて色んな食材と相性の良いもやし。中華系のお惣菜に入れるか、きんぴらごぼうと合わせてもおいしい。味が薄くなると思うので、調味料で調整してください。

さらにひと手間

もやしとひき肉であんを作り、シュウマイなどのお惣菜に掛けるとメイン料理にもなります。チルド餃子と合わせて中華スープにするのもおすすめ。

キノコ

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なキノコ。価格も安くて家計に優しい。

余ったキノコはポリ袋に入れて冷凍保存できます。好みの種類のキノコを合わせて、オリジナルキノコミックスを作っておくのもおすすめです!キノコは冷凍すると旨味と栄養がアップするらしいです。クセのあるキノコはさらに強烈になるので、私はちょっと苦手です。とくにマイタケ!エノキ・エリンギあたりはクセが少ないので冷凍しています。