水耕栽培のメリットやおすすめの鉢や肥料とは?

室内で土を使わずに野菜を育てられる水耕栽培を始めてみませんか。水耕栽培を始めるにあたってのおすすめの鉢や肥料を紹介します。

水耕栽培のメリット

まずは水耕栽培のメリットを紹介します。

  • 初期費用が少ない
  • 庭が無くても採れたての野菜が食べられる
  • 土づくりの費用や労力が不要
  • 日焼けや虫刺され、筋肉痛や腰痛の心配もない
  • 虫が湧きにくい(湧いてもコバエやアブラムシ等の小さな虫)
  • 季節や天気の影響が少ない

庭でやる家庭菜園は意外と初期費用がかかります。スコップや土などはわかりやすいですが、支柱やネットなどの資材だけでなくガーデニングに適した服や帽子や靴、UVケア用品、虫よけスプレーなどなど、結構な出費がありました。

家庭菜園は採れたての野菜を食べられることが1つのメリットですが、外に出るにはそれなりの格好をしなければなりません。帽子や手袋も装着しなきゃいけないし、料理の前にサクッと収穫できないのはやや面倒くさいですね。その点室内の水耕栽培なら部屋着のままキッチンバサミで収穫できるのでお手軽です。

雨や強風などの影響は受けませんが、曇りの日が続くと発芽しなかったりヒョロヒョロの野菜ができてしまうことがあるので天気予報のチェックは必要です。野菜によっては光をそれほど必要としないものもあるので(ミツバやニラなど)、初めての場合はそういう野菜から挑戦すると良いかもしれません。本格的にやりたい場合はLEDライトや空調器具などを使えば完全に天気や季節の影響を受けません。

水耕栽培で揃えたいもの

それでは実際に水耕栽培を始めてみようという方に、何を揃えたら良いかということを紹介しで行きます。

とりあえず初めてみたいという人は空き瓶やペットボトルでも良いのですが、室内に置くのだから少しでもおしゃれなものの方が……という方もいらっしゃいますよね。専用の容器だとやはり使い勝手も良いです。そこでおすすめの水耕栽培用容器を紹介します。

底面給水鉢

紐を垂らして給水してくれる鉢を使えば、水切れや水のやりすぎの心配がないのでお手軽です。上の画像の鉢はamazonで買いました。キッチン横の窓でリボベジに使っています。

私が購入したのは角型の3個セットの方ですが、丸型2個セットの方が少し大きいです。

リーフレタスなどを育てる場合はもう少し大きめの鉢が良いです。

私が購入したのはこちらの容器。これも2重になっていて、紐を使って給水します。

スプラウト用栽培容器

スプラウトは肥料もいらないしすぐに収穫できるし、栄養価も高くて種もたくさん入っていて初心者でも元が取れるおすすめ野菜です。カイワレ大根は辛くて苦手って人にはブロッコリースプラウトがおすすめです。

スプラウト栽培にはスプラウトファームという容器がおすすめです。上の容器がザルみたいになっていて、目が細かいので小さな種でも下に落ちないのが良いです。

下の容器は水を溜めるようになっています。透明なので水の残量が分かりやすいですし、栽培中に水を換えたり容器を洗うのが簡単です。

容器が深いのでハサミでの収穫は難しいですが、手で引っ張ればスルッと抜けます。使いたい分だけつまんで収穫できるのは便利。お店で買ったものは2人暮らしにはちょっと多いですし。

液体肥料

水耕栽培では液体肥料を使います。おすすめはハイポニカ。

2液タイプなので希釈がやや面倒ではありますが、成長速度が段違いだそうです。計量カップが付いているのが個人的にはおすすめポイントです。液肥ってキャップで軽量するものが多いんですが、どうしても軽量がアバウトになってしまうんですよね。それにキャップが汚れると面倒くさいです。

他には微粉ハイポネックスも優秀だそうです。最初間違えてハイポネックス原液を買ってしまったのですが、そちらは水耕栽培には向いてないそうなのでご注意ください。

ハイポネックス原液と微粉ハイポネックスの違いについては有難いことに、検証してくださっている方たちのブログやYouTubeがたくさん見つかります。

水耕栽培が続くかわからないのに大容量のものを買うのは不安という方は、100均にも液体肥料が販売されています。しかもそのまま希釈せずに使えるストレートタイプ。ずっと使うには割高ですが、お試しで買ってみるのはアリだと思います。

じょうろ

液肥を与える際に小さなじょうろがあると便利です。私はアズワンの広口洗浄瓶を使っています。

目盛が付いているので軽量が簡単ですし、小さな鉢でも周りに水をこぼさずに水をやることができます。

ハイドロボール

ハイドロボールは粘度を高温で焼いたものです。土のように虫が寄ってきたりしないし、万一こぼしてしまっても片付けが容易です。小さな穴が開いていて水や酸素を取り込む性質があるため、植物にとって快適な状態を作りやすいです。水に直接差すより見た目も良し!

ハイドロボールは断然ダイソーがおすすめです。1.2ℓで110円なのでコスパ良し!

まずは収穫までの期間が短いスプラウトやラディッシュなどがおすすめ。リーフレタスミックスも簡単で、間引きながら長い期間収穫できるのでおすすめです。

ダイソーでもレタスミックスの種が販売されているので試してみてください。

まとめ

室内で手軽にできる水耕栽培のメリットと、水耕栽培に必要なグッズについて紹介しました。何か育ててみたいけど庭がない、虫が苦手、暑いのも寒いのも日焼けも嫌だって人にはおすすめなので、挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました